DiLTS JAPAN ONLINE SHOP

O2リプレイサー HONDA グロム/MSX125(JC61)

価格(税抜):8,200円

人気商品のためただいま入荷待ちです。近日入荷予定。しばらくお待ちください。

~2015年 プロジェクターヘッドライトモデル (EBJ-JC61 1000001~1299999)
2016年 LEDヘッドライトモデル (EBJ-JC61 1300001~)両対応
2017年モデル(チャコールキャニスター付モデル 2BJ-JC75)には対応しません

・O2フィードバックキャンセル
GROM/MSX125はO2センサーによるフィードバック補正エリアが広い為、サブコンで燃料を増量/減量しても
このエリア内だと、フィードバック補正によりある程度元に戻されてしまいます。

O2リプレイサーは内蔵されたマイクロコンピューターでインジェクション車の
O2フィードバック機能(クローズドループ)を停止させECUによるO2センサー信号での
フィードバック燃料補正をカットします。
これにより、全エンジン回転域/全アクセル開度域での燃料増量/減量に対しO2センサー補正が
入らなくなり、サブコン等での増量/減量が補正されてしまう事なく数値通りの燃量セッティングが
エンジン回転全域で行えます。
フィードバックエリアがもともと広いGROM/MSX125には、燃調時に特に有効です。

・アイドリング微調整機能
O2センサーを取り外すとO2センサー信号がECUに入力されなくなる為
アイドリングが上昇したり、不安定になりますが、O2リプレイサーを装着するとアイドリングを
ノーマルの1400rpm近辺に自動で補正します。
また「アイドリング微調整ダイヤル」を装備しており、バイクの個体差によるアイドリングの高め/低めを
ある程度まで任意に微調整出来ます。(アイドルアップ機能ではありません)
擬似信号発振機を内蔵して「擬似O2センサー信号」を発生しているだけの物と違い、
O2リプレイサーはエンジン回転数を監視し、アイドリング時などは独自のプログラムにより、
毎回計算された擬似信号を発生します。
簡易作動確認LEDでアイドリング域で作動しているのが視覚的に確認できます。
ボアアップ車やBIGインジェクター装着車の場合でも、O2リプレイサーはアイドリング回転近辺では、
独自の機構によりアイドリングを自動で安定させようとします。
このときの「空燃比」が故意に濃すぎる/または薄すぎる場合は、アイドリング安定化プログラムは
働きません。
アイドリング回転でもECUのO2補正はカッ トされますので増量/減量した燃料なりの結果になります
(アイドリングが不安定になり ます)。
この場合、アイドリング時の空燃比が常識の範囲内(たとえばノーマル車両等と同じ空燃費の意味)に
再度セッティングし直せばアイドリングは安定してきます。
注:インジェクターの大きさや燃圧、その他パーツにより、結果は違います。改造車の場合は
ケースバイケースとなる場合があり、どんな改造でも アイドリングを安定させるというものではありません。
またGROM/MSX125は車体側のアイドルスクリューでアイドリングの調整ができますが、
この調整が1400rpm回転よりも大きくずれているとO2リプレイサーによるアイドリング微調整はできません。

・ノーマル車に取り付けた場合
改造されていないノーマル車に取り付けた場合でも、O2センサーからのフィードバック機能を停止し
フィードバックエリア内の空燃費を適正化し、中低速域のパワー/トルク感を向上させます。


・取り付け場所を選ばない小型設計
50x35x20(mm)のコンパクトな外形なので、取り付け場所に困りません。
接続の仕方は、本機から出ている4本の線をECUハーネスにECU近くで割り込ませます。
(サブコンを取り付けている場合、インジェクター線への割り込みはECU側にします)
本機は日常生活防水仕様です。(一般的に雨水がかかるくらいはOK)
完全に水没したり、断続的に水が掛かるような使い方はしないで下さい。


◆◇◆◇◆◇◆◇ 警告!!必ず読んで下さい! ◆◇◆◇◆◇◆◇
本製品は競技/レース等での使用を目的に製作されたものです。
使用に当たっては取り付けから使用まで、すべてお客様の自己責任になります。
当社は一切の責任を持ちません。使い方を間違うとエンジンに重大なダメージがあります。
取り付け等を行った第三者による行為、その他の事故に関してや、お客様の故意または過失、誤用により 生じた障害に関しても当社は一切の責任を持ちません。
本製品の使用、または使用不能から生じる付随的な障害に関して当社は一切の責任を持ちません。


売り切れ
  • 商品型番: SRD-330
  • 重量: 0.1kg
  • メーカー: DILTS JAPAN

Copyright © 2017 Dilts-Japan All Rights Reserved.